現在丼博就來介紹我們各種丼飯的由來吧
首先介紹的是本店招牌「ふんりん丼」、因為它的做法跟口味的搭配所以取名為甘辛薑汁丼。

跟味噌健康丼比、日本店主比較喜歡甘辛薑汁丼。

甘辛薑汁丼醬汁的基準是日本店主從學生時期就常光顧的丼飯店裡面的口味。
但是完整呈現的口味台灣人好像不太接受、大家都說太鹹。所以我把鹹味調淡、讓台灣人更能接受的口味來呈現。
另外、台灣跟日本的豬肉肉質有點不太一樣、為了符合甘味薑汁、在挑選肉的時候也下了些功夫。
用日本不甜的美乃滋裝飾也是那家店的特色。

在日本、醬油跟美乃滋的搭配是很常見的口味
不藏私的手法、完整的呈現道地的口味。您一定要來品嚐看看。

-------------------

これから数回に分けて、メニューに書ききれなかった各丼に込めた想いを紹介していきます。
1回目は「ふうりん丼」と名前を付けたい程、味の造り込みに手間暇をかけた甘辛生姜焼き丼です。

味噌健康丼と並ぶ、私が最も愛する丼です。
生姜焼きのタレをベースにしながら、学生時代に通い込んだ店の味を再現しました。
しかし、再現しただけでは、台湾の人達には「しょっぱい」という評価だったので、薄味にしながらコクと深みを出す為に更に改良を加えています。
また、日本と台湾の肉質の違いもある為、台湾豚肉の肉質に最も合うように、仕込みにも工夫をしています。
日本のマヨネーズを使ったトッピングも、そのお店の再現です。
「醤油とマヨネーズ」の相性の良さは、今や日本人には常識となっています。
手間を惜しまず作り込んだ味を、是非体験してみてください。

Furin0608 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()