今天要介紹的是在台灣也非常有名的親子丼。
它跟牛丼一樣有很久遠的歷史、大概在1890年代在東京所被發想的。

把雞蛋加在軍雞鍋攪拌後食用、一開始是為了讓忙碌的人可以快速吃飯。
所以在日本有這種說法江戶地區的人都很急性子、這道料理也是這樣被發想出來的。

補充說明:「軍雞」是一種非常兇狠的雞、在江戶時代用「軍雞」來決鬥、也就是鬥雞的意思、輸掉比賽的雞就會被拿來吃掉。
1890年開始東京就沒有在鬥雞了、但還有有在養育肉質較好跟味道較濃郁的雞來食用。

以雞肉鍋當基準、本來的作法是肉跟蔬菜一起煮然後加入雞蛋後蓋上鍋蓋、口味較濃厚的雞肉就會讓湯汁更好。

醬汁味道太濃就會搶走雞肉的味道、醬汁味道太淡就會有雞的腥味。
為了讓醬汁可以充分跟雞肉做結合、在醬汁的部分我們研發了半年。
這個醬汁可以讓雞肉的味道更加分、作好後鋪在飯上、醬汁跟白飯融合在一起。這種美味一定要來品嚐看看。

然而、親子丼的美味取決在雞蛋、一定要半熟蛋才好吃、因為它會襯托出雞肉的滑嫩度。
如果是外帶因為安全考量我們只能提供全熟的雞蛋、跟在店內吃的口感完全不一樣。
所以還是希望能來店內品嚐。

--------------------------

今日の紹介は、台湾でも非常に有名な親子丼です。
こちらも牛丼と同じ位歴史は古く、1890年代に東京の発祥と言われています。
軍鶏鍋に卵をかけて食べていたのを、忙しい人用に最初からご飯にかけて提供し始めたのだそうです。
短気な江戸っ子らしい発想ですね。

鍋がベースになっていますので、本来の作り方も肉と野菜を煮込んで卵で蓋をする作り方ですが、旨味の強い鶏肉は、「割り下」(タレ)の味で全てが決まります。
タレが強いと肉の旨味が消えてしまい、弱いと肉の臭みが抜けません。
その為、当店ではダシの種類から調合まで、全て台湾の鶏肉に合うように、半年かけて「割り下」を作り上げました。
鶏肉の味を引き出して増幅させるようなタレを、1滴残さず暖かいご飯の上にかけています。
その旨味を是非ご賞味ください。

また、親子丼の美味しさは、半熟の卵で更に引き立ちます。
生ではなく完熟でもない、肉とタレと卵の味が調和した時、最も美味しい親子丼になります。
残念ながらお持ち帰りの場合、完熟で提供しなければいけないので、この味は店内でしか味わえません。
是非店内でお召し上がりください。

文章標籤

創作者介紹
創作者 Furin0608 的頭像
Furin0608

串博ふうりん

Furin0608 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()