今天是日本的七夕。
正確來說,依地區居分,有新曆7月7日及陰曆7月7日的不同,也有延後一個月,8月7日的七夕。

日本的七夕習俗,是在一種稱做"短冊"小紙卡上寫願望,並吊掛在竹子,向天祈願。

於是我們在店裡,也應景擺上了小小的七夕擺飾。
我們準備了很多短冊,請各位不要客氣,在短冊上寫下心願吧!

有關七夕的傳說,依國家各有不同,丼博ふうりん要介紹的是日本的七夕故事。
「在銀河的兩端,分別住著「織姫」及「彦星」,他們兩人總是非常努力的工作。因為聰明又認真,神介紹兩位彼認識。這兩人一見鐘情,結為愛侶。

然而,結婚後的兩人因為沉迷新婚甜蜜生活而忘記工作,造成神的困擾。神決定將兩人分開至銀河兩端分居。
分開後的兩人終日悲傷,神也認為自己做的太過份,因而允許兩人每年可以見一次面,在七夕的這一天。」

明明結婚,卻一年只能見一次面,真是令人傷心吶。

人們相傳,如果七夕當天多雲,兩人會無法見面。
今年,這對愛侶能如願相見嗎?
希望他們能相見。

------------------------------------

今日は日本の七夕の日です
正確には、地域によって新暦7月7日、旧暦7月7日、新暦1ヶ月遅れの8月7日に分かれます。

日本では願い事を書いた「短冊」という紙の札を竹に吊し、天に向かって願い事をすると叶うと言い伝えられています。
店内にも小さな七夕かざりをしてみました。
短冊はたくさんありますので、みなさんも願い事を書いてみてくださいね。

また、七夕に関する物語も、国によって異なるようなので、日本の物語を紹介します。
「天の川のほとりに、とても働き者の「織姫」と「彦星」の2人が居ました。二人はとても働き者で器量も良く、神様の紹介で二人を引き合わせたらお互いに一目惚れしました。
やがて二人は結婚するのですが、結婚後はお互いに仕事を忘れる程愛し合ってしまい、困った神様が罰として二人を天の川の両岸に引き離してしまいました。
引き離された二人は悲しみに暮れ、神様もさすがにやり過ぎたと思い、年に1度だけ二人が逢う機会をつくりました。それが七夕です。」

結婚したのに、年に1度しか逢えないなんて悲しいですね。
空が曇ると二人は逢えないと言われています。今年は逢えるでしょうか。逢えるといいですね。

文章標籤

創作者介紹
創作者 Furin0608 的頭像
Furin0608

串博ふうりん

Furin0608 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()