7月7日,今天是日本的七夕節。

依據地區不同會有不同的慶祝日期,不過店主出身的關東一般是慶祝7月7日。

7月7日、今日は日本の七夕の日です。

地域によって違いますが、店主地元の関東では7月7日が一般的です。

 

店主在還是小朋友的時候,每到這一天,就會抬頭向夜空看,想著「織女和牛郎是否能相見呢」

被銀河相隔兩端的織女和牛郎,每年只有7月7日這一天,而且只有晴朗的天氣,才能越過銀河相會。然而在關東,這個時期多半處於梅雨季中,

事實上可能得要好幾年才能相會一次呢。

而且至今,除了某些地區以外,在東京,即使晴朗,夜空中也看不到銀河了。

店主が子供の頃は、この日は夜になると「織姫様と彦星様は逢うことが出来るかなぁ」と、空を見上げていたものです。

天の川を隔てて別れ別れになった織姫と彦星は、7月7日の夜が晴れていた時だけ、天の川を越えて逢う事が出来るという言い伝えですが、関東ではこの時期梅雨の真っ最中である事が多く、事実上数年に一度しか逢う事が出来なかったのです。

今では東京では一部の地方を除いて、晴れていても天の川が見える事もなくなりました。

今年織女和牛郎是否能相會呢?

我在台南的夜空下,相隔許久地遙

今年は逢う事が出来るでしょうか。

台南の空の下、久し振りに思いを巡らせています。

全站熱搜

Furin0608 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()